ごあいさつ


施設長 奥村 眞澄

特別養護老人ホーム・ひかり苑は平成10年11月に開設致しました。この間、3ユニット(30床)を増設して、現在は既存施設はショートステイ10床を含めて90人の要介護者が生活していらっしゃいます。ひかり苑は、かの有名な総本山・曹洞宗永平寺を近くに控え、名水九頭竜川を見晴らす素晴らしい場所にあります。町の中心で官庁・消防署などが集約している場所に立地しています。創立当時のモットーである、「ゆっくり・優しく・丁寧に」は今もしっかり生きています。そのほか、モットーとしていることはご家族とのコミュ二ケーションを大切にしていること、職員の笑顔、挨拶が自慢の種です。最近は都会地、東京や京都といった遠方からの入居も増えてきました。入所困難な都会を離れてゆっくりと暮らしていただける別天地ではないかと自負しています。なにはともあれ、皆様から評価されることは本当に有難いことで今後も職員一丸となって高齢者に喜ばれる施設になれるように努力していきます。

施設の特徴としては

1. 職員の定着率がすこぶる高いことです。転職希望で退職したり、結婚、出産のため退職したスタッフも数年後にはもう一度戻りたいと再就職してくる職員がおおく、今年は半年で4人もいました。嬉しいことです。

2. とにかく職員は優しいことです。仕事柄、お年よりは当然気難しかったりしますが、「はい、はい」「ごめんなさいね」「わあー、凄い!」入居者と優しく向き合って楽しい職場を作っています。

3. 職員を採用する前に採用ボランテイア体験をしてもらいます。この一日または半日の就労体験のあと、ほとんど全員の方たちが「職員同士の人間関係」「骨身を惜しまず、仕事をしている」等々と、お褒めの言葉を頂くのが自慢です。

4. 「ゆったりとした時間が流れている」。この言葉もよく耳にします。繁華街ではないという、立地条件が良いのか、職員の仲がいいためなのか、ともかくのどかで、静かに時は流れています。

5. 家族の面会がとても多いことも自慢の一つです。家族会があり、様々な協力を頂いていますが、家族会主催の恒例の苑庭大掃除には6割以上の参加があり、中には一家族3人で参加したり、午前8時の開始時刻一時間前には仕事を始めていらっしゃったりとか、これは苑の自慢でもあります。不定期に立ち木の剪定やお花の世話に来てくださることもあります。敬老会や新年会も家族会のお陰で盛大にやっています。

皆様とご縁が繋がってお会いできると嬉しいです。

Copyright© 2010 ひかりメディカルケアグループ Hikari Medical Care Group All Rights Reserved.